会社設立にあたって決めなければならない会社の名称についてご説明いたします。

商号を決めるときのルール

【株式会社を商号の前か後ろに入れる】

株式会社の場合は必ず商号の前か後ろに「株式会社」という文字を入れなければなりません。
※「株式会社」の代わりに「KK」とか「Co.,Ltd.」の英分表記を登記することはできません。
良い例:合同会社名古屋、名古屋株式会社
悪い例:株○、KK○○、
合同会社も同じく、商号の前か後ろに「合同会社」の文字を入れなければなりません。

【部署のような名称は使えません】

支店、部署名等は商号に入れることはできません。
※「代理店」「特約店」は使えます。
良い例:名古屋代理店株式会社、
悪い例:○○名古屋支店株式会社、なごや総務部株式会社

【有名会社の商号は使えません】

例:トヨタ自動車株式会社、株式会社日立製作所、ソニー株式会社

【使用できる文字】

・漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、(大文字、小文字)

・アラビア数字(0123456789)

・符号&(アンパサンド)・(中点).(ピリオド),(コンマ)’(アポストロフィー)‐(ハイフン)

※ 会社名を決めるのは楽しみですね。
  創立する方の想い、所在地、会社の目指すコンセプトや言葉や事業内容のイメージ、聞き取りやす
  さ等を考えて大切に考えましょう。